循環器専門外来

循環器専門外来

 

当院では、2021年2月より日本獣医循環器学会認定医による心臓病専門外来を行っております。

愛犬・愛猫の循環器科の詳しい診察を受けていただけます。

新規、既存の患者様問わず、また紹介状の有無にかかわらず診察可能です。

 

心臓病は早期発見が重要!

犬・猫の心臓病は症状として気づきにくいことが多く、早期発見が難しい場合が多いです。

また呼吸困難(肺水腫)などの明らかな症状を発現する頃には、心臓病は重度に進行しており、予後は良くありません。

 

加えて、心臓病はシニア犬(10歳以上)の30%以上が罹患していると報告されており、獣医師・専門医による診断・早期発見が重要です。

 

認定医による診察が対象となる愛犬・愛猫とは?

 

心臓病の疑いがある患者様にオススメ

  • 咳が連続して出る
  • 昔に比べて疲れやすくなった
  • 失神・ふらつきを起こす
  • 心臓病にかかりやすい犬種・猫種である
    (犬種:マルチーズ、ヨークシャー・テリア、パピヨン、シー・ズー、ミニチュアダックスフンド、ポメラニアン、チワワ、トイ・プードル、キャバリア・コッカー・スパニエルなど)
    (猫腫:メインクーン、ラグドール、アメリカンショートヘアー、ブリティッシュショートヘアー、ヒマラヤン、ノルウェージャンフォレストキャット、スコティッシュフォールド、ペルシャ、シャムなど)
  • 心臓病がないか心配

心臓病について詳しい診察をご希望の方へもオススメ

  • 心臓病と診断された
  • 心雑音があると言われた
  • 肺水腫になったことがある
  • セカンドオピニオンを受けてみたい

 

循環器専門医紹介

水野 壮司

水野壮司

Takeshi Mizuno

 

 

 

専門分野:循環器内科外科

資格:獣医循環器学会認定医・獣医師免許

出勤スケジュールはお電話にてお問合わせ下さい。

経歴

2003年 ACプラザ苅谷動物病院市川橋病院勤務医

2012年 国立循環器病研究センター研究所生体医工学部研究員

2014年 JASMINEどうぶつ循環器病センター勤務医     

2016年 東京大学大学院農学生命科学研究科附属動物医療センター特任研究員

2018年 東京大学大学院農学生命科学研究科附属動物医療センター特任助教

水野先生よりオーナー様への一言

循環器科を担当させていただいている水野と申します。
犬・猫の循環器疾患に対する検査法や治療法はこの10年間で飛躍的に知見が増加しました。

当循環器科では慣習的な治療にとらわれず、常に知識をアップデートし、最新の知見に基づいた診療を提供いたします。

また、病気だけを見てしまうことのないよう、各どうぶつや家庭環境にあわせて、どうぶつとご家族がよりよい生活を送ることができるようになることを第一に心がけています。

心臓病は命にかかわる疾患であり、ご不安やご心配ごとも多いと思われます。疑問に感じることや不安に感じられることなどございましたらお気軽にお声がけください。

また、日本の獣医療において、心臓病の根治療法である“人工心肺を用いた外科治療”は世界でも高い評価を受けており、当センターでも、外科治療が提供できる環境の準備の予定がございます。ご家族のご期待に応え、すべての治療方法を正しくより安全に提供できるよう、これからも精進して参ります

完全予約制です

循環器専門外来を予約する

※診察件数に限りがございますので、ご注意ください。

 

【著書・論文・学会発表】

論文
  • Surgical correction for sinus venosus atrial septal defect with partial anomalous pulmonary venous connection in a dog.
    T Mizuno,M Mizuno,K Harada,H Takano,A Shinoda,A Takahashi,K Mamada,K Takamura,A Chen,K Iwanaga,S Ono,M Uechi
    Journal of veterinary cardiology : the official journal of the European Society of Veterinary Cardiology 28 23-30 2020年2月11日
  • Efficacy of pimobendan on survival and reoccurrence of pulmonary edema in canine congestive heart failure.
    Masashi Mizuno,Shigeki Yamano,Shuichi Chimura,Atsushi Hirakawa,Yoshimi Takusagawa,Tamotsu Sawada,Shigeki Maetani,Arane Takahashi,Takeshi Mizuno,Kayoko Harada,Asako Shinoda,Shuhei Uchida,Junichiro Takeuchi,Takahiro Mizukoshi,Masaaki Endo,Masami Uechi
    The Journal of veterinary medical science 79(1) 29-34 2017年1月20日
  • In-body tissue-engineered collagenous connective tissue membranes (BIOSHEETs) for potential corneal stromal substitution.
    Naoaki Takiyama,Takeshi Mizuno,Ryosuke Iwai,Masami Uechi,Yasuhide Nakayama
    Journal of tissue engineering and regenerative medicine 10(10) E518-E526 2016年10月
  • Pathologic Manifestations on Surgical Biopsy and Their Correlation with Clinical Indices in Dogs with Degenerative Mitral Valve Disease
    J. Lee,M. Mizuno,T. Mizuno,K. Harada,M. Uechi
    JOURNAL OF VETERINARY INTERNAL MEDICINE 29(5) 1313-1321 2015年9月
  • Plasma cytokine levels in dogs undergoing cardiopulmonary bypass. Takeshi Mizuno,Hiroshi Kamiyama,Masashi Mizuno,Takahiro Mizukoshi,Asako Shinoda,Kayoko Harada,Shuhei Uchida,Joon-seok Lee,Arane Kasuya,Tamotsu Sawada,Masami Uechi
    Research in veterinary science 101 99-105 2015年8月
  • Implantation study of a tissue-engineered self-expanding aortic stent graft (bio stent graft) in a beagle model.
    Hidetake Kawajiri,Takeshi Mizuno,Takeshi Moriwaki,Ryosuke Iwai,Hatsue Ishibashi-Ueda,Masashi Yamanami,Keiichi Kanda,Hitoshi Yaku,Yasuhide Nakayama
    Journal of artificial organs : the official journal of the Japanese Society for Artificial Organs 18(1) 48-54 2015年3月
  • Successful implantation of autologous valved conduits with self-expanding stent (stent-biovalve) within the pulmonary artery in beagle dogs.
    Marina Funayama,Yuichi Matsui,Tsutomu Tajikawa,Taiki Sasagawa,Yuta Saito,Shoko Sagishima,Takeshi Mizuno,Masashi Mizuno,Kayoko Harada,Shuhei Uchida,Asako Shinoda,Ryosuke
    Iwai,Yasuhide Nakayama,Masami Uechi
    Journal of veterinary cardiology : the official journal of the European Society of Veterinary Cardiology 17(1) 54-61 2015年3月
  • Development of tissue-engineered self-expandable aortic stent grafts (Bio stent grafts) using in-body tissue architecture technology in beagles.
    Hidetake Kawajiri,Takeshi Mizuno,Takeshi Moriwaki,Hatsue Ishibashi-Ueda,Masashi Yamanami,Keiichi Kanda,Hitoshi Yaku,Yasuhide Nakayama
    Journal of biomedical materials research. Part B, Applied biomaterials 103(2) 381-6 2015年2月
  • Preparation of an autologous heart valve with a stent (stent-biovalve) using the stent eversion method.
    Takeshi Mizuno,Yoshiaki Takewa,Hirohito Sumikura,Kentaro Ohnuma,Takeshi Moriwaki,Masashi Yamanami,Tomonori Oie,Eisuke Tatsumi,Masami Uechi,Yasuhide Nakayama
    Journal of biomedical materials research. Part B, Applied biomaterials 102(5) 1038-45 2014年7月
  • Feasibility Of Connective Tissue Membrane (Bio-Sheet) Prepared In The Body As Cardiovascular Repair Material As A Substitute For Self-pericardium
    Hidetake Kawajiri,Masashi Yamanami,Takeshi Mizuno,Keiichi Kanda,Hitoshi Yaku,Yasuhide Nakayama
    CIRCULATION 128(22) 2013年11月
  • Plasma atrial natriuretic peptide is an early diagnosis and disease severity marker of myxomatous mitral valve disease in dogs.
    Takashi Ebisawa,Yuzuru Ohta,Marina Funayama,Shigeki Yamano,Masashi Mizuno,Takeshi Mizuno,Arane Kasuya,Tamotsu Sawada,Junseok Lee,Takahiro Mizukoshi,Masami Uechi
    Research in veterinary science 94(3) 717-21 2013年6月
  • Long-term outcome in dogs undergoing mitral valve repair with suture annuloplasty and chordae tendinae replacement.
    T Mizuno,T Mizukoshi,M Uechi
    The Journal of small animal practice 54(2) 104-7 2013年2月
  • Mitral valve repair under cardiopulmonary bypass in small-breed dogs: 48 cases (2006-2009).
    Masami Uechi,Takahiro Mizukoshi,Takeshi Mizuno,Masashi Mizuno,Kayoko Harada,Takashi Ebisawa,Junichirou Takeuchi,Tamotsu Sawada,Shuhei Uchida,Asako Shinoda,Arane Kasuya,Masaaki Endo,Miki Nishida,Shota Kono,Megumi Fujiwara,Takashi Nakamura
    Journal of the American Veterinary Medical Association 240(10) 1194-201 2012年5月15日
  • Post-mortem evaluation of expanded polytetrafluoroethylene (ePTFE) used in mitral valve repair in dogs.
    Miki Nishida,Yumiko Kagawa,Takahiro Mizukoshi,Masashi Mizuno,Takeshi Mizuno,Kayoko Harada,Masami Uechi
    Journal of veterinary cardiology : the official journal of the European Society of Veterinary Cardiology 14(1) 307-12 2012年3月
  • Surgical treatment of severe pulmonic stenosis under cardiopulmonary bypass in small dogs.
    M Fujiwara,K Harada,T Mizuno,M Nishida,T Mizukoshi,M Mizuno,M Uechi
    The Journal of small animal practice 53(2) 89-94 2012年2月
  • Surgical closure of an atrial septal defect using cardiopulmonary bypass in a cat.
    Masami Uechi,Kayoko Harada,Takahiro Mizukoshi,Takeshi Mizuno,Masashi Mizuno,Takashi Ebisawa,Yuzuru Ohta
    Veterinary surgery : VS 40(4) 413-7 2011年6月
著書
  • 症例報告 ドキソルビシン投与により、心毒性が認められた症例 (特集 これだけは押さえておきたい 抗がん薬治療による有害事象への対応(前編))
    水野 壮司
    Veterinary board : 臨床の選択肢を広げるケーススタディ・マガジン 2(3) 46-54 2020年3月
  • 循環器科の診療室(第12回)心膜液貯留
    水野 壮司
    Clinic note : journal of clinical daily treatment for small animals 14(8) 78-91 2018年8月
  • JASMINEどうぶつ循環器病センターの取り組み (特集 僧帽弁閉鎖不全症の治療 : 気になるあの病院の取り組み(後編))
    水野 壮司
    Veterinary circulation : 小動物循環器科専門誌 6(3) 46-56 2017年8月
  • 心原性チアノーゼ (特集 チアノーゼ : 原因をすばやく見極めて適確な救命を)
    水野 壮司
    Veterinary circulation : 小動物循環器科専門誌 5(3) 18-27 2016年8月
  • 循環器科の診療室 : Case Study(第6回)心拡大
    水野 壮司
    Clinic note : journal of clinical daily treatment for small animals 12(5) 66-79 2016年5月
  • 血栓塞栓症に対する tissue-Plasminogen activator (t-PA) 製剤による血栓溶解療法
    水野 壮司,上地 正実
    動物の循環器 = Advances in animal cardiology 45(2) 41-44 2012年12月1日

【教育講演・セミナー】

  • ベーシック技術講座:刺して採る技術 心膜穿刺
    水野壮司
    日本獣医内科学アカデミー学術集会 2020年2月22日
  • MRの診断と治療 -ACVIM consensus guideline 2019-
    水野壮司
    VMCセミナー 2019年9月20日
  • MRの治療時に迷う利尿剤のアートな部分
    水野壮司
    まちだ小動物クリニカルカンファレンス 2019年6月30日
  • これって肺高血圧症?
    水野壮司
    まちだ小動物クリニカルカンファレンス 2019年6月30日
  • 猫の心疾患の救急治療
    水野壮司
    六青会 2019年3月7日
  • 古くて新しいフィラリア治療(薬物療法?虫体摘出?)
    水野壮司
    日本獣医内科学アカデミー学術集会 2019年2月15日
  • 僧帽弁閉鎖不全症に対する外科治療と内科治療
    水野壮司
    静岡県獣医師会学術セミナー 2018年11月3日
  • 救急医療の最前線 〜専門医と生討論〜 循環器科
    水野壮司
    日本動物病院協会年次大会 2018年10月28日
  • 見直そう尿検査
    水野壮司
    第2回動物循環器病学会学術集会 2017年9月30日
  • 心電図の読み方
    水野壮司
    第1回動物循環器病学会学術集会 2017年3月11日
  • 僧帽弁閉鎖不全症に対する開心術の現状 手術適応症例の見極め
    水野壮司
    日本獣医内科学アカデミー学術集会 2017年2月18日
  • 獣医心臓外科のいま
    水野壮司
    埼玉動物医療センター獣医師向けセミナー 2016年4月20日
  • 生体内組織形成技術による心臓人工弁
    水野壮司
    第 7 回動物用ワクチン─バイオ医薬品研究会シンポジウム 2015年9月9日

他学会発表多数

© 2021 横浜どうぶつ医療センター|関内どうぶつクリニック