歯科専門外来について

犬の歯科専門診療

ワンちゃんやネコちゃんの口の中を嗅いでみたことはありますか?

 

少しでも口臭を感じた場合は歯周病を発症しているサインかもしれません。

ちなみに犬の約8割、猫の約73歳までに歯周病に罹患しています。

 

犬や猫の歯周病は、ペットの歯や歯茎だけでなく、心臓や腎臓などの内臓にも不可逆的なダメージを与える可能性があります。

 

犬や猫の歯周病とは?

歯周病は、歯垢に含まれる細菌が原因で起こる感染症です。

定期的なクリーニングをしていないと、歯垢がたまり、およそ3日で歯石に変化し、歯にくっついてしまいます。

この歯石に含まれる細菌が、歯肉の下へ入り込むことにより感染症が起こり、歯や歯周組織にダメージを与えます。

歯周病が進行すると、犬や猫は痛みを感じ、食事をするのが困難になり、最終的には歯を失うことになります。

 

 

また歯周病によって引き起こされる菌血症が原因で、心臓、肝臓、腎臓、神経系などの主要な臓器に重度の障害を引き起こす可能性があります

 

 

犬や猫の歯周病のサインとは?

歯周病を発症したペットには、以下のような症状が現れ始めます。

歯周病の主な症状

・歯の変色や歯石が目立つ

・口臭

・よだれを垂らす

・体重減少や食欲不振

・鼻から鼻水・膿が出る

・目の下がむくみ

・歯が抜けている

・歯茎が赤く腫れたり、出血したりする

 

重度な歯周病の多くは、高齢犬・猫で発症します

というのも免疫機能が低下している高齢犬は、感染症にかかりやすく、細菌を退治する能力が低下しているためです。

 

 

犬の歯周病の治療法

超音波スケーラー犬の歯周病の治療は、まず口腔内を触知し、レントゲンを撮って、歯周病のステージを見極めることから始まります。

 

ステージ12の歯周病の場合は、超音波スケーラーと呼ばれる器具を使用し、口腔内の歯石を除去し、歯周ポケットと呼ばれる細菌の巣を洗浄していきます。

ステージ34の歯周病の場合は、抜歯を行うこともあります。

 

定期的に動物病院で健診を受け、歯周病のサインにいち早く気づけるようにしましょう!

歯周病は取り返しのつかない障害をあなたの愛犬・愛猫に身体に与える可能性があります。

 

LINEで歯科の相談をする

© 2021 横浜どうぶつ医療センター|関内どうぶつクリニック